フリーランスの損得は難しい

IT業界では、フリーランスという働き方がわりに多いようです。1つの選択肢としては、魅力がありメリットもあるように感じています。
何処かに所属していないことは、自由であり、不安もついてきます。

フリーランサーに聞いてみると、この形態を望んだ理由は、仕事とプライベート両立をしたかったこと。その上で報酬アップもして、希望の仕事を選べて自分を試して自分を知りたかったので、という言葉をききました。

キャリアというものは、組織の中で割振られたものをこなして、実力を付けていくものです。その組織を不自由と感じる人がフリーランサー志向になっているのだと考えています。今は、人手が不足状態にあるので有利ですが、フリーランスの携帯が長期にわたって持続するものであれば良いのですが。

フリーランスには、限界もあります。その仕事の大半が下流工程のもので、上流工程の仕事の多くは正社員以外に任せることは少ないのです。
有能なプログラマーである人が、会社員としての不満を感じてフリーランサーになり、周囲との友好関係も築いて、大手の案件も手がけたのですが、フリーランスの限界を痛感して、正社員に戻ることを考えるようになっています。

フリーランスは、税制の上からも必要経費の点で不利なことが多いのです。IT業界は、専門分野が多岐にわたっていることと、スキルの旬が短い世界です。その上、フリーランスになると責任が全部かぶさってくる可能性も大きいのです。

このように不利な点も多く存在しますが、多様化する働き方の中でやりがいと報酬の可能性が高いことも事実なのが、フリーという働き方。あなたに合った働き方をしっかり考えて将来設計をしたほうがよいと思います。