ITは深刻な人材不足

どの業界も人材不足に悩まされています。雇用不安が叫ばれる中人材不足というのも不思議なことですが、なかなか仕事にぴったり合わない「仕事のミスマッチ」というものがあるからです。IT業界は人材不足と言われますがどうしてそうしたことが起こるのでしょうか。

大きな理由としては労働条件が非常に厳しいということが挙げられます。昔3Kと言われる職業がありました。キツイキタナイキケン。この三つのKがIT業界でも起こっています。もっとも今ではその3Kも内容が変わりキツイ給料安い帰れないが挙げられます。他の業界ではそうしたことが少ないものですからどうしてもそちらの方に有能な人材が流れがちなのです。ですがIT業界で働くということはそれに見合った楽しさがあります。私も少しだけプログラミングというものをかじったことがあるのですがこれが完成するとどのようなプログラムを作っていたとしても非常にうれしい物。達成感を味わうために仕事を頑張るということができるのです。

最近は、労働条件を良くすることによって開放的な職場づくりをしている企業も増えていますし、フリーランスで自分にあった形で労働するという方法もあります。人材不足に悩むIT業界の苦肉の策としていろいろな雇用形態を作ることによって人材不足を防いでいるのです。

人材不足はどの業界にとっても悩みのタネ。そこでいろいろな方法を取ることによって一人でも多くの人が雇われるように使用者側も苦心しています。その制度を利用しないなんて損ですよ。どんな就業体制をとるにしろ、まずは「自分にはどんなものが合うか」をしっかり情報集めしておくことが大切ですね。